m3.com トップ > 臨床ニュース > SNM適正使用基準を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

SNM適正使用基準を公開 安全性など解説、実施医・施設の基準も

日本大腸肛門病学会はこのほど、学会ホームページで「植込み型排尿・排便制御用スティミュレーター(仙骨神経刺激装置)に関する適正使用基準」の確定版を公開した。同適正使用基準は、仙骨神経刺激療法(SNM)で用いる仙骨神経刺激装置を植込む際の治療効果予測因子や安全性などの解説に加え、実施施設・実施医の基準を定めている。SNMは、刺激プログラムを伝達する植込み型の仙骨神経刺激装置を使用して、仙骨孔に挿入された4極インライン型リードを介して仙骨神経を継続的に電気刺激する治療法で、排尿・排便機能障害の症状を改...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞