m3.com トップ > 臨床ニュース > 妊産褥婦の死亡診断書で周知依頼

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

妊産褥婦の死亡診断書で周知依頼 出産後1年以内、産科的原因の自殺も該当

2017年4月28日 日本救急医学会  カテゴリ: 精神科疾患産婦人科疾患救急

日本救急医学会はこのほど、日本産科婦人科学会から同学会へ周知依頼のあった「妊産褥婦の死亡診断書の記入について」の依頼文を、学会ホームページで公開した。女性の死亡を検案する際に、妊娠していたか、1年以内に出産していないか、自殺の場合は産科的な原因かどうかを確認するなどの周知事項と、死亡診断書記入マニュアルの該当ページを掲載し、周知を呼びかけている。妊産婦死亡・後発妊産婦死亡には妊娠中や出産後1年未満の死亡が含まれるものの、産科医以外にはこのことが知られておらず、日本における後発妊産婦死亡は極めて少...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞