m3.com トップ > 臨床ニュース > 予想以上に効いた漢方、内科系編

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

予想以上に効いた漢方、内科系編 「漢方薬を出すことの多い疾患は?」Vol.4

Q.漢方薬が「思っていた以上にこの疾患・病態に効いた」というエピソードがあれば、お聞かせください。(自由回答)「内科医」の回答真武湯(シンブトウ)で癌性胸水が一時的に減ったことがありました【勤務医】花粉症には確かに効きます【勤務医】気圧変動前の頭痛に対して五苓散(ゴレイサン)。項部痛を伴う頭痛に対して葛根湯(カッコントウ)【勤務医】肝硬変患者のこむら返りが、劇的効果があった【勤務医】風邪に対して麻黄湯(マオウトウ)を服用後、数時間で発汗し、解熱が得られた【勤務医】花粉症に小青竜湯(ショウセイリュ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞