m3.com トップ > 臨床ニュース > 「個人の意思尊重」反響と課題【時流◆日本の肺炎】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「個人の意思尊重」反響と課題【時流◆日本の肺炎】 超高齢社会で求められる対応とは-Vol. 5

2017年5月22日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患

「成人肺炎診療ガイドライン2017」で推奨された院内肺炎、医療・介護関連肺炎(NHCAP)に対する「個人の意思尊重」。現在の医療現場での動向と課題について、ガイドライン策定に関わった長崎大学呼吸器内科教授の迎寛氏、大分大学理事・副学長の門田淳一氏に聞いた。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)――今回示された「個人の意思尊重」、日本の診療現場ではどの程度浸透しているとお考えでしょうか。また、浸透していくために解決すべき課題はありますか。門田氏:ある地域の病院では「事前指示書:リビングウイル...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞