m3.com トップ > 臨床ニュース > Sarilumab、リウマチ適応でEMA肯定的

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

Sarilumab、リウマチ適応でEMA肯定的

2017年5月8日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患リウマチ整形外科疾患投薬に関わる問題

仏サノフィと米Regeneron社は4月24日、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)が、中等度から重度の活動性関節リウマチの成人患者に対する治療薬として、同社が開発中のIL-6受容体を標的とするヒトモノクローナル抗体薬「sarilumab」の承認を勧告する肯定的見解を示したと発表した。CHMPは、同剤を中等度から重度の活動性関節リウマチがみられ、1剤以上の抗リウマチ薬(DMARDs)で十分な効果が得られない、または不耐の成人患者に対して、メトトレキサート(MTX)と併用する治療薬とし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞