m3.com トップ > 臨床ニュース > めまいは「状況とトリガー」を押さえよ【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

めまいは「状況とトリガー」を押さえよ【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.20_2

2017年5月12日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患神経内科疾患救急

突然のぐるぐる回るようなめまいでまっすぐ歩けなくなった60歳代男性は、救急でいったん良性発作性頭位めまい症(BPPV)と診断された後、帰宅直前の症状再発で、実は小脳梗塞だったことが判明した。「ぐるぐる」「ふわふわ」というめまいの性状に頼った診断で失敗を繰り返さないためにどうしたら良いのか。自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント1年の森野諄紀氏が、救急診療で使えるめまいの分類を紹介する。めまいの性状は途中で変わる森野このような失敗を繰り返さないために、今日は(1)救急診療で使える回...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞