m3.com トップ > 臨床ニュース > 脳梗塞部位に血管を誘引

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脳梗塞部位に血管を誘引

2017年5月15日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 脳神経外科疾患

東京医科歯科大学は5月10日、脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場を開発したことを発表した。この研究は、同大学脳統合機能研究センターの味岡逸樹准教授ら共同研究グループによるもの。研究成果は「AdvancedHealthcareMaterials」オンライン版に5月10日付けで掲載されている。これまで、脳は一度損傷を受けると再生しない組織だと考えられていたが、哺乳類の脳にも潜在的な再生能力が秘められていることが近年の研究で明らかになってきている。現在、脳梗塞の治療法には薬物療法など...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞