m3.com トップ > 臨床ニュース > 労働者うつ病予防で不眠を重視する訳

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

労働者うつ病予防で不眠を重視する訳 「労働者のうつ病予防、何に注意すべき?」Vol.2

2017年5月22日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患その他

「労働者のうつ病予防、何に注意すべき?」というテーマで、m3.com医師会員(591人)に9つの症候から最も注意すべきものを尋ねたところ、全体の35.0%が「不眠」を選択しました。ここでは、各医師会員が選択した理由を、自由回答から紹介します。Q.産業保健の視点から、労働者のうつ病予防で「最も注意すべきと考える症候を1つ」教えてください。(自由回答)「不眠」の回答熟眠できていれば、うつ病水準へは至っていないことが多いと思うので【精神科勤務医】頻度が高い症状であることと、治療薬選択の情報に当たるため...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞