m3.com トップ > 臨床ニュース > 輸液中の採血で異常値、治療指示も

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

輸液中の採血で異常値、治療指示も 院内周知徹底を―日本医療機能評価機構

2017年5月19日 日本医療機能評価機構  カテゴリ: 検査に関わる問題

日本医療機能評価機構は5月15日、末梢静脈ラインから輸血中の四肢で採血を行ったため、検査値に影響があった事例が3件報告されているとして、注意を喚起する医療安全情報を発した。いずれの事例も、異常値を基に医師から不要な治療の指示が出されている。事例が発生した機関では、周知徹底するとともに、異常値の場合は患者の状態をアセスメントしてから治療の必要性を判断するなどの対策を講じているという。同機構に報告された事例の一つでは、乳癌術後患者で、ベッドの頭元に「右上肢での採血・血圧測定は禁止」との表示があったこ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

検査に関わる問題

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞