m3.com トップ > 臨床ニュース > 褐色細胞腫、あてにならない古典的三徴【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

褐色細胞腫、あてにならない古典的三徴【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.22_4

2017年6月12日 研修最前線  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

褐色細胞腫に典型的な症状はない。古典的三徴とされる頭痛・動悸・発汗も、ほとんどの患者で現れないのが現実だ。身体所見に特徴がない中で、褐色細胞腫の見逃しを防ぐキーワードは何か。自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」の模様を紹介するm3.com研修最前線、第22弾では、ジュニアレジデント1年目の遠藤成晃氏の症例報告に続き、内分泌代謝科・船崎俊介氏のレクチャーを紹介する。褐色細胞腫にはメタネフリン、疑陽性には注意を船崎褐色細胞腫のスクリーニングとして、血液検査あるいは尿検査の有用性についての...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞