m3.com トップ > 臨床ニュース > 内分泌性疾患の便秘に下剤は有効?【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

内分泌性疾患の便秘に下剤は有効?【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.22_6

2017年6月16日 研修最前線  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

便秘の原因が悪性褐色細胞腫と判明した50歳代男性は、転移巣治療のため、この疾患に力を入れる都内の病院へ転院となった。それまでの診断と治療にあたった自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント1年目の遠藤成晃氏と、内分泌代謝科の船崎俊介氏が、症例から学んだtipsを共有する。自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第22弾、最終回。悪性褐色細胞腫ならば遺伝子検査は必須遠藤ということで、2人で結構長く話してしまいましたが、何かご質問等、ありますでしょうか?上級医1褐色細胞腫...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞