m3.com トップ > 臨床ニュース > ロフトから5歳児転落で重症頭部外傷

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ロフトから5歳児転落で重症頭部外傷 翌朝受診し緊急開頭血腫除去術、1年半後も意識回復せず

2017年5月29日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患救急その他

日本小児科学会はこのほど、ロフトまたは階段から落下したことで重症頭部外傷を起こした事例が報告されているとして、InjuryAlert(傷害速報)で公表した。受傷の1年9カ月後も意識が回復していないという。報告された事例は5歳の男児。ロフトまたはロフトへ昇降する手すりのない急勾配の階段から転落したとみられる。受傷後まもなく男児が泣き疲れて寝たことから、発生当日には病院を受診せず、翌朝になって男児の意識が悪いことから医療機関を受診した。右急性硬膜外血腫と右側頭骨骨折、脳ヘルニア、脳実質の虚血性変化を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞