m3.com トップ > 臨床ニュース > 救急出動増で「不搬送」も増、実態は【JSEM20】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

救急出動増で「不搬送」も増、実態は【JSEM20】 年間200回要請で搬送は1回のみのケースも

2017年5月31日 m3.com編集部  カテゴリ: 精神科疾患救急その他

全国の救急出動件数と搬送人数は増加し続けており、2015年には605万4815件、搬送人員数は547万8370人と過去最高記録を更新。これに伴い、救急車の現場到着時間や搬送時間の延長が起こり、救急車の適正利用が強く呼びかけられるようになっている。日本医科大学救急医学教授の横田裕行氏によると、新たにこの数年、救急出動件数と搬送人数の乖離が進み、10年で両者の差の割合は拡大しているでいることが分かってきた(図)。この差は救急出動を要請したが何らかの理由で搬送が行われなかった「不搬送」の件数。全出動件...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞