m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗RA薬sarilumab、FDA承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗RA薬sarilumab、FDA承認

2017年5月31日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患リウマチ整形外科疾患投薬に関わる問題

仏サノフィ社と米Regeneron社は5月22日、「sarilumab」が、メトトレキサート(MTX)などのDMARDs(抗リウマチ薬)を1剤以上用いた治療で十分な効果が得られないか、もしくは不耐の中等度から重度の活動性関節リウマチ(RA)の成人患者に対する治療薬として、FDAが承認したことを発表した。RAは、慢性の炎症性自己免疫疾患の一種。免疫系が関節組織を攻撃することで炎症や痛みが現れ、関節の損傷や変形に至る。RA発症時の年齢は、30~60歳が中心だが、他の年齢層の成人にも発症することがある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞