m3.com トップ > 臨床ニュース > 水いぼ摘除の前に考えるべきこと【時流◆学校感染症】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

水いぼ摘除の前に考えるべきこと【時流◆学校感染症】 川上一恵・日本小児科医会乳幼児学校保健委員会委員長に聞く◆Vol.1

2017年6月19日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患皮膚疾患その他

水いぼ治療のアプローチについて解説する川上氏プール開きの時期が近づくと、小児の水いぼ(伝染性軟属腫)に関する相談が増えてくるという。学校保健安全法で第三種のその他の感染症に含まれる水いぼは、医師の間で保存療法か外科療法かで意見が割れることが少なくない。水いぼを診る場合は積極的に取るべきか、それともあくまで保存療法を念頭に置くべきなのか。日本小児科医会乳幼児学校保健委員会委員長の川上一恵氏に、話を聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・森圭吾)治療方針に絡むさまざまな思惑――水いぼ治療のアプ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞