m3.com トップ > 臨床ニュース > 妊婦の虫垂炎はここが違う【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

妊婦の虫垂炎はここが違う【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.23_2

2017年6月23日 研修最前線  カテゴリ: 消化器疾患産婦人科疾患救急

救急搬送されてきた妊婦の右側腹部痛の原因は急性虫垂炎だった。翌日には腹腔鏡下虫垂切除術を実施し事なきを得たが、前夜受診した近医で気付かれなかったように、妊婦の虫垂炎は分かりづらい。非産婦人科医でも妊婦の盲腸炎を見逃さないポイントは何か。自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント2年目の横田美帆氏が、必ず覚えておきたい妊娠女性の腹部所見の変化を示す。妊婦の虫垂炎は分かりにくい横田翌日行った腹腔鏡下盲腸切除術の写真を供覧します。ご覧の通り、左側の写真下側に胎児がいる子宮が見えます。この大...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞