m3.com トップ > 臨床ニュース > 頭蓋内電極の脳マッピングで学会通知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

頭蓋内電極の脳マッピングで学会通知 ユニークメディカル社製電極の一部変更承認で

日本脳神経外科学会はこのほど、ユニークメディカル社製の頭蓋内電極について、一部変更申請が承認されたことを受け、同社の通知文書を学会ホームページに掲載した。同電極の脳マッピングでの使用が正式に認められたとしている。これまでも頭蓋内電極は脳マッピングにおいて用いられてきたが、20年以上薬事承認が得られていなかったという。同社は脳を刺激するための電極としての使用について、一部変更承認を申請。2017年3月21日付けで承認を得た。これにより、製品添付文書の「使用目的又は効果」に、「硬膜下電極は脳を刺激す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞