m3.com トップ > 臨床ニュース > 糖尿病患者では総義歯の問診が重要【JDS 2017】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

糖尿病患者では総義歯の問診が重要【JDS 2017】 金沢医大の小西氏、無歯顎が心血管イベント既往の予測因子と指摘

小西一典氏金沢医科大学糖尿病・内分泌内科学講師の小西一典氏は、石川県の羽咋郡市医師会糖尿病地域連携協議会を中心とした多施設共同横断研究から、無歯顎(総義歯)が糖尿病患者の心血管イベント既往の独立した予測因子であることが示唆されたと、名古屋市で開かれた第60回日本糖尿病学会(JDS2017、5月18-20日)で報告した。同氏は、無歯顎の糖尿病患者は極めて高リスクな集団と評し、糖尿病患者を問診する際には総義歯かどうかを聴取することも重要と指摘した。糖尿病患者で無歯顎の頻度4倍以上か小西氏らの研究グル...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞