m3.com トップ > 臨床ニュース > 学会が新規乾癬治療薬で適正使用依頼

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

学会が新規乾癬治療薬で適正使用依頼 妊婦に禁忌、感染症にも注意が必要

日本皮膚科学会はこのほど、新規の経口乾癬治療薬「アプレミラスト」(商品名:オテズラ錠10mg、20mg、30mg)が2017年3月に発売されたことを受け、適正使用に関する通知を学会ホームページに掲載した。同通知は、同剤の製造販売元であるセルジーン社が作成したもので、妊娠の有無といった事前の確認事項や、感染症など注意すべき副作用とその対策などを記載し、適正使用を呼びかけている。アプレミラストは、乾癬治療では初めての経口ホスホジエステラーゼ(PDE)4阻害剤。乾癬患者の免疫細胞や表皮組織ではPDE4...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞