m3.com トップ > 臨床ニュース > 「忖度で湿疹」「念のため除去」撤廃を

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「忖度で湿疹」「念のため除去」撤廃を 日本小児アレルギー学会提言の“メッセージ”とは

日本小児アレルギー学会(理事長=国立病院機構三重病院院長・藤澤隆夫氏)は6月16日、記者会見を開催し、小児の鶏卵アレルギー発症予防策として「乳児期のアトピー性皮膚炎(以下「AD」、痒みを伴う乳児湿疹など炎症性の皮膚炎を含む)をステロイド外用などの積極的治療で生後6カ月までに寛解させる」「積極的治療で持続的なAD寛解が得られた場合、加熱鶏卵の早期導入を開始する」ことなどを提言した。会見で発表を行った大矢幸弘氏(国立成育医療研究センター生体防御系内科部アレルギー科医長)と海老澤元宏氏(国立病院機構相...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞