m3.com トップ > 臨床ニュース > HCV薬、P3で一部高いSVR12達成

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

HCV薬、P3で一部高いSVR12達成

2017年6月21日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患感染症投薬に関わる問題

アッヴィ合同会社は6月9日、すべてのC型肝炎ウイルス(HCV)ジェノタイプ(GT1~6型)の治療薬として承認申請中の、リバビリン非併用、パンジェノタイプの「Glecaprevir/Pibrentasvir(G/P)」の日本人HCV患者を対象とした第3相試験で、GT1~3型について高いウイルス学的著効(SVR12)を達成したと発表した。同結果は、第53回日本肝臓学会総会で発表されている。現在、GT2~6型のHCV患者に直接作用型抗ウイルス薬(DAA)治療を行う際は、リバビリンとの併用が求められてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞