m3.com トップ > 臨床ニュース > RA薬臨床結果で感染症リスク同等

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

RA薬臨床結果で感染症リスク同等

2017年6月23日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患リウマチ整形外科疾患投薬に関わる問題

米国のイーライリリー・アンド・カンパニーは6月16日、「Olumiant(R)」(一般名:バリシチニブ)の8つの臨床試験結果の新たな併合解析データを発表した。このデータは、欧州リウマチ学会議(EULAR)2017年次総会において、口頭および2つのポスターにより発表された。バリシチニブは、1日1回経口投与のJAK阻害剤。現在、炎症性疾患および自己免疫疾患を対象とする臨床試験が行われている。同剤は、2016年に米国、EU、日本の規制当局に対して、関節リウマチを適応とした販売承認申請が行われ、2017...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞