m3.com トップ > 臨床ニュース > レンチナン静注用1mg、販売終了

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

レンチナン静注用1mg、販売終了

2017年6月26日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

エーザイ株式会社の消化器事業子会社であるEAファーマ株式会社は6月21日、抗悪性腫瘍薬「レンチナン静注用1mg『味の素』」の販売について、2018年3月31日をもって終了することを発表した。レンチナン静注用1mg「味の素」は、「手術不能又は再発胃がん患者におけるテガフール経口投与との併用による生存期間の延長」を効能・効果とした抗悪性腫瘍薬。1986年の発売から胃がん患者の治療に使用されていたが、がん治療の進歩や新規抗がん剤の登場により年々同剤の役割が低下。需要も減少したため、販売を終了するに至っ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞