m3.com トップ > 臨床ニュース > 特定健診「40歳から」は妥当か【時流◆動脈硬化GL改訂】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

特定健診「40歳から」は妥当か【時流◆動脈硬化GL改訂】 慶応義塾大学・岡村智教教授に聞く-Vol. 5

2017年7月13日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患神経内科疾患その他

PCSK9阻害薬の登場に伴い、スタチンだけではLDLコレステロール(LDL-C)を十分に低下させることが難しかった家族性高コレステロール血症(FH)の治療への機運が高まっている。2017年には日本動脈硬化学会が「小児家族性高コレステロール血症診療ガイド」を発行し、小児・若年期からの動脈硬化進行を予防するための指針を示した。これらの年齢層における脂質管理の現状と課題、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」発行後のリサーチクエスチョンについて、岡村智教氏(慶応義塾大学衛生学公衆衛生学教授)に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞