m3.com トップ > 臨床ニュース > 造影時のステロイド前投薬に学会提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

造影時のステロイド前投薬に学会提言 直前でなく充分前投与で抗アレルギー効果と解説

日本医学放射線学会はこのほど、ヨード造影剤やガドリニウム造影剤の投与による急性副作用の危険性を軽減する目的でのステロイド前投薬に関する提言を、学会ホームページに掲載した。抗アレルギー効果を期待してステロイドを前投薬する場合には、造影剤投与の直前ではなく、充分前に行うことが望ましいという。ヨード造影剤やガドリニウム造影剤は、投与すると急性副作用を生じることがあり、その症状は蕁麻疹や悪心など軽度のものから、心肺停止にいたる重篤なものまでさまざまだ。急性副作用が生じる危険性を軽減するため、ステロイドの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞