m3.com トップ > 臨床ニュース > 酸塩基平衡、アニオンギャップの使い方【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

酸塩基平衡、アニオンギャップの使い方【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.25_2

2017年7月14日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

血液ガス分析で分かる4つの項目から示される主なポイントは「呼吸」、そして「酸塩基平衡」だ。鍵となる概念は「代償」。文献からの練習問題を解きながら、血液ガスの読み方を復習する。m3.com研修最前線・自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第25弾、ジュニアレジデント1年目の傳田侑也氏の報告。酸塩基平衡の「代償」を理解する傳田次は、水素イオン濃度(pH)、二酸化炭素分圧(PaCO2)、重炭酸イオン(HCO3-)からみる酸塩基平衡についてです。各値にはそれぞれ基準範囲がありますが、今...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞