m3.com トップ > 臨床ニュース > チャンピックス、添文の【警告】削除

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

チャンピックス、添文の【警告】削除

2017年7月12日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患投薬に関わる問題

ファイザー株式会社は7月7日、禁煙補助薬「チャンピックス(R)錠」(一般名:バレニクリン酒石酸塩錠)0.5mg・同1mgについて、日本の添付文書の【警告】が削除されたことを発表した。チャンピックスは、日本国内においては「ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の補助」の効能・効果で、2008年1月に承認され、同年5月に発売を開始。現在100を超える国で承認されており、世界中で2400万人以上に処方されている。今回の【警告】の削除は、2016年に「TheLancet」に掲載されたEAGLES試験の結果を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞