m3.com トップ > 臨床ニュース > 日本脳炎ワクチン不足懸念で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日本脳炎ワクチン不足懸念で注意喚起 患者発生状況などを考慮した接種計画を呼び掛け

2017年7月12日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患感染症

日本小児科学会はこのほど、日本脳炎ワクチンの供給不足が見込まれることから医療施設での対応を学会ホームページで公開した。地域の患者発生状況やブタの感染状況などを考慮しつつ、2回ないし3回接種している場合は、安定的にワクチンが供給されるまで接種を見送るなどの対応を行うよう注意を呼び掛けている。学会が示した対応では、日本脳炎ワクチンを未接種または1回接種の場合は、合計2回の接種を行う。2回あるいは3回接種している場合は、ワクチンが安定供給されるまで接種を見送るが、安定供給された場合は、規定の間隔以上に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞