m3.com トップ > 臨床ニュース > 胃静脈瘤適追でオルダミンに注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胃静脈瘤適追でオルダミンに注意喚起 同薬を用いるB-RTO「現状では未収載」

日本肝臓学会は7月7日、静脈瘤硬化療法薬「モノエタノールアミンオレイン酸」(商品名:オルダミン)の適応拡大について、会員向けのお知らせを同学会ホームページに掲載した。オルダミンは2017年6月26日に「胃静脈瘤の退縮」が追加適応症となったが、同薬を用いるバルーン閉塞下逆行性静脈塞栓術(B-RTO)は、現状未収載であることを考慮して利用するよう呼び掛けている。オルダミンはすでに「食道静脈瘤出血の止血及び食道静脈瘤の硬化退縮」で承認されていたが、今回、「胃静脈瘤の退縮」の追加適応症で承認を取得。胃静...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞