m3.com トップ > 臨床ニュース > RA患者の関節液中で蛋白質増加

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

RA患者の関節液中で蛋白質増加

2017年7月14日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: リウマチ整形外科疾患

京都大学は7月11日、関節リウマチ患者の関節液中でタンパク質「ナルディライジン」が増加し、これを欠損させたマウスでは関節リウマチ様関節炎が軽くなることを発見したと発表した。この研究は、同大医学研究科の伊藤宣准教授ら、滋賀医科大学の西英一郎教授らの研究グループによるもの。研究成果は英学術誌「RMDOpen」に掲載された。これまでの研究により、ナルディライジンがTNF-αの分泌に関与することは明らかになっていたが、TNF-αが関与する病気のひとつである関節リウマチでの役割はわかっていなかった。また、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞