m3.com トップ > 臨床ニュース > 「熱中症」では体のどこを冷やすのか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「熱中症」では体のどこを冷やすのか 「熱中症、どう予防・冷却する?」Vol.1

2017年7月18日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患救急

m3.com意識調査「熱中症、どう予防・冷却する?」で、m3.com医師会員(777人)に気温35℃を超える酷暑日にII度(頭痛・嘔気・虚脱感)の非労作時熱中症を来した基礎疾患のない成人の体温が37.5℃の場合に、どのようにして身体を冷やすか(複数回答)を尋ねたところ、「腋窩を冷却する」が最多の61.6%だった。また、熱中症の予防で重視する項目(同)についても質問したところ、「水分の摂取」が78.9%で2番目に多かった回答と20ポイント以上の差を付けた。Q.酷暑日の日中にII度(頭痛・嘔気・虚脱...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞