m3.com トップ > 臨床ニュース > 熱中症の身体冷却、最多回答の選択理由

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

熱中症の身体冷却、最多回答の選択理由 「熱中症、どう予防・冷却する?」Vol.2

2017年7月21日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患救急

m3.comの意識調査「熱中症、どう予防・冷却する?」で、m3.com医師会員(777人)に一定条件下で発症したII度の成人非労作性熱中症に対し、体温が37.5度だった場合の身体冷却について質問したところ、最多は「腋窩を冷却する」で61.6%を占めました。ここでは、医師が自由回答で寄せた熱中症に対する処置を選択した理由を紹介します。Q.「酷暑日の日中にII度(頭痛・嘔気・虚脱感)の非労作時熱中症を来した基礎疾患のない成人の体温が37.5℃だった場合、どのように身体を冷却しますか?」の質問で、選択...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞