m3.com トップ > 臨床ニュース > 熱中症「水分たっぷりでもなる」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

熱中症「水分たっぷりでもなる」 「熱中症、どう予防・冷却する?」Vol.4

2017年7月27日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患救急

m3.comの意識調査「熱中症、どう予防・冷却する?」では、777人のm3.com医師会員からさまざまな意見が寄せられました。ここでは、熱中症の予防と処置に対する回答者の考えを紹介します。Q.熱中症の予防・処置についてお考えがありましたら、お聞かせください(自由回答)【予防に対する考え】重症度III度の熱中症は水分をたっぷり取っていてもなることを知らない人が多いので、啓蒙が必要。特に学校の先生に【内科開業医】高齢者では体感が鈍いので時間を決めて水分摂取を促す【内科開業医】暑い時は、感覚ではなく、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞