m3.com トップ > 臨床ニュース > 遺伝性乳癌抑制遺伝子の補助蛋白発見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

遺伝性乳癌抑制遺伝子の補助蛋白発見

2017年7月19日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般外科疾患産婦人科疾患

大阪大学は7月12日、遺伝性乳がん、卵巣がんを抑制する遺伝子「BRCA1」の働きを助けるタンパク質「SCAI」を発見したと発表した。この研究は、同大大学院理学研究科の小布施力史教授らの研究グループによるもの。研究成果は、国際雑誌「CellReports」のオンライン版で公開された。DNA損傷の蓄積は、がんや老化を引き起こしやすくするが、生物は、損傷したDNAを修復するさまざまな仕組みを備えている。BRCA1は、DNA修復に関わる遺伝子のひとつ。BRCA1が適切に働かないと、乳がんや卵巣がんが引き...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞