m3.com トップ > 臨床ニュース > ファンコニ貧血の新原因遺伝子発見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ファンコニ貧血の新原因遺伝子発見

2017年7月20日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 小児科疾患その他

京都大学は7月13日、白血病の原因となる小児遺伝性疾患「ファンコニ貧血」がRFWD3という遺伝子の異常によって引き起こされることを発見したと発表した。さらにRFWD3には、DNA修復の制御タンパクであるRPAとRAD51を適切なタイミングでDNA上から取り除く分子機能があることも明らかになった。この研究は、同大放射線生物研究センターの高田穣教授、医学研究科の稲野将二郎博士課程学生(現・関西電力病院医員)らの研究グループが、独ビュルツブルグ大学、スペインのバルセロナ自治大学と共同で行ったもの。研究...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞