m3.com トップ > 臨床ニュース > 一般医で診るRA診療の範囲を明確化

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

一般医で診るRA診療の範囲を明確化 学会が指針を公開、経過安定患者の日常診療などは一般医に推奨

日本リウマチ学会はこのほど、「関節リウマチ診療ガイドラインJCR2014に基づく一般医向け診療ガイドライン」を学会ホームページで公開した。同ガイドラインは、2014年発表の、主に専門医を対象とした「関節リウマチ診療ガイドライン2014」の内容を、一般医に推奨できるもの、できないものに分類した。経過が安定しているリウマチ(RA)患者の日常診療など、一般医に推奨できる医療を一覧に示している。関節RAの診療は、RA専門医だけでなく一般医が対応することも少なくない。そのため同学会へは、一般医向けのガイド...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞