m3.com トップ > 臨床ニュース > IMPELLAの適正使用指針を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

IMPELLAの適正使用指針を公開 IABPやPCPSでは救命困難な例が適応

2017年7月21日 日本胸部外科学会  カテゴリ: 循環器疾患その他

日本胸部外科学会はこのほど、2016年に承認された「循環補助用心内留置型ポンプカテーテル」(商品名:IMPELLA補助循環用ポンプカテーテル)の適正使用指針を学会ホームページに掲載した。補助人工心臓(VAD)治療関連学会協議会のインペラ部会が策定したもので、一定条件を満たした心原性ショック症例のうち、従来の大動脈バルーンパンピング(IABP)や経皮的心肺補助(PCPS)による補助循環のみでは救命が困難と考えられる場合は、IMPELLAを選択すべきとしている。日本アビオメッドが製造販売するIMPE...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞