m3.com トップ > 臨床ニュース > 「笑い」が慎重投与となるケースは【時流◆笑い処方のススメ】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「笑い」が慎重投与となるケースは【時流◆笑い処方のススメ】 福島医大・大平哲也氏の「笑い」に関する真面目な話-Vol. 6

2017年8月29日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患内分泌・代謝疾患

「笑い」による健康増進は多くの人が気軽かつ比較的安価に実践できるのが強みだが、疾患を有する患者に「処方」する際、慎重投与が必要な場合もあるようだ。ただし、福島県立医科大学疫学講座教授の大平哲也氏は、多くの場合、運動が難しいようなケースでも安全に運動で得られるような効果が期待できるのはやはり「笑い」の強みと指摘する。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)COPD患者には「爆笑」より「ユーモア」の処方が適切?ところで、「笑い」を治療に取り入れる際に注意すべき有害事象はあるのか。米国の研究グルー...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞