m3.com トップ > 臨床ニュース > ヒト歯髄由来幹細胞用いてCI治療へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヒト歯髄由来幹細胞用いてCI治療へ

2017年7月21日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患その他

JCRファーマ株式会社と帝人株式会社は7月18日、日本国内における他家(同種)歯髄由来幹細胞を用いた急性期脳梗塞を適応症とする再生医療等製品(開発番号:JTR-161)の共同開発契約および実施許諾契約を締結したことを発表した。歯髄由来幹細胞(DPC)は、神経保護作用や免疫調整作用、血管新生作用等を有することが示唆され、体内に投与しても拒絶反応が起こりにくいとされている。両社は、DPCを用いた新たな再生医療等製品の共同研究を進めてきていた。今回の契約締結は、DPCの大量培養法の確立などの共同研究の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞