m3.com トップ > 臨床ニュース > 退院後の血培陽性コール、担当不在時の心構え【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

退院後の血培陽性コール、担当不在時の心構え【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.27_3

2017年8月7日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患感染症

Listeriamonocytogenes陽性が判明した80歳代男性症例は治療後、無事に自宅退院となった。しかしながら、気になるのは陽性判明後、再入院までの経緯だ。検査部から連絡を受けたら研修医は、まずどう行動すべきか。髄液検査結果が微妙な場合の、上級医の判断は――。自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第27弾、最終回は、ジュニアレジデント2年の野口友里氏の報告を基にした、上級医たちの議論を紹介する。国産チーズでは可能性低いが、高級輸入チーズには注意野口報告は以上です。質問な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞