m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗菌薬の適正使用「医師と患者の“悪徳”が邪魔」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗菌薬の適正使用「医師と患者の“悪徳”が邪魔」 意識調査「抗菌薬、どう使っていますか?<1>処方への意識」Vol.5

2017年8月18日 m3.com意識調査  カテゴリ: 感染症投薬に関わる問題

m3.comの意識調査「抗菌薬、どう使っていますか?<1>処方への意識」で、医師会員(539人)に抗菌薬の適正使用に関して自由に意見を募ったところ、さまざまな声が寄せられた。国家規模や国際的な対策が必要との意見が多かったほか、「頑固で言うこと聞かない医師が多い」「患者の満足度と医師の責任回避という二つの悪徳が邪魔」など、医師の責任を指摘する声も。その一部を紹介する。Q.抗菌薬の適正使用に関することでご意見があればお聞かせください。安易に第三世代セフェムを出すのはやめてほしい【外科系勤務医】抗菌薬...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞