m3.com トップ > 臨床ニュース > 大腸憩室症ガイドラインの草案公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

大腸憩室症ガイドラインの草案公開 日本消化管学会、下部消化管出血も含め解説

2017年7月27日 m3.com編集部  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

日本消化管学会はこのほど、「大腸憩室症(憩室出血・憩室炎)ガイドライン」の草案を学会ホームページで公開した。診療や診断・治療のフローチャートを掲載したほか、大腸憩室症に加えて下部消化管出血診療について、30のクリニカルクエスチョン(CQ)を設けて解説している。2017年7月31日締め切りで、電子メールで意見を募集している。同ガイドラインは、日本消化管学会が中心となり、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本インターベンショナルラジオロジー学会の協力のもと作成。大腸憩室症は日常診療で多く遭遇す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞