m3.com トップ > 臨床ニュース > 大動脈用ステントグラフトに注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

大動脈用ステントグラフトに注意喚起 適応外使用で重篤な有害事象、死亡例も

医薬品医療機器総合機構(PMDA)はこのほど、腹部・胸部大動脈用ステントグラフト使用により、重篤な有害事象が報告されているとして、適正使用のお願いを発した。特に、感染瘤へ適用した場合、解剖学的に適応範囲でない部位へ適用した場合、ステントグラフト固定部位が不足している場合に発生しており、死亡例も報告されているとして、注意を促している。同機構に報告された事例のうち、感染瘤へ適用した例では、留置後に抗生物質による治療が行われたものの、感染が継続し、敗血症に至って死亡した。解剖学的に適応範囲でない部位へ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞