m3.com トップ > 臨床ニュース > プロドラッグを抗癌剤に変換可能に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

プロドラッグを抗癌剤に変換可能に

2017年7月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 

京都大学は7月25日、物質透過性を持つ糖鎖高分子ベシクルを新たに開発し、がん組織周囲でプロドラッグを抗がん剤へと変換できる酵素封入型ナノデバイス(ナノファクトリー)として機能することを見いだしたと発表した。この研究は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業で、同大学大学院工学研究科の西村智貴特定研究員、秋吉一成教授の研究グループが行ったもの。研究成果は、独科学誌「AdvancedMaterials」のオンライン速報版で公開された。リン脂質からなるリポソームや両親媒性ポリマーからなるベシ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞