m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児RAS関連疾患で抗癌薬評価実施へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児RAS関連疾患で抗癌薬評価実施へ

2017年7月31日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 血液疾患小児科疾患投薬に関わる問題

シンバイオ製薬株式会社は7月26日、同社が2011年7月にOnconovaTherapeutics,Inc.(オンコノバ社)から導入した抗がん剤「rigosertib」(リゴセルチブ)について、主たる対象疾患候補である、小児のRAS関連疾患における評価実施のための多施設共同臨床研究プログラムの開始をオンコノバ社が発表したと公表した。RAS関連疾患(RASopathy)は、遺伝子中の生殖細胞系列の変異が原因で起きる発生学的症候群。オンコノバ社は、米国国立がん研究所(NationalCancerIn...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞