m3.com トップ > 臨床ニュース > 「何となく違和感」、見逃し防ぐ勘を磨く【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「何となく違和感」、見逃し防ぐ勘を磨く【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.28_3

2017年8月21日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患神経内科疾患救急

片頭痛の触れ込みだったが危なかった――。自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント2年目の斎藤健貴氏が救急外来で遭遇したくも膜下出血(SAH)症例は、頭痛の鑑別の怖さを改めて示した。見逃さないために、あるいはそもそもの発症原因を見極めるために、研修医が磨くべき感覚とはどんなものか。m3.com研修最前線「総合回診」シリーズ第28弾の最終回では、上級医からのアドバイスを紹介する。本人が言う「何時何分発症」も貴重なヒント斎藤以上、若い女性のくも膜下出血症例について報告しました。一次性頭痛...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞