m3.com トップ > 臨床ニュース > ICD患者の自動車運転制限期間が短縮

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ICD患者の自動車運転制限期間が短縮 不整脈心電学会らWGがステートメント改訂

2017年8月14日 日本不整脈心電学会  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患

日本不整脈心電学会などでつくる「不整脈に起因する失神例の運転免許取得に関する診断書作成と適性検査施行の合同検討委員会ステートメント」改訂ワーキンググループはこのほど、「改訂のための補遺・3」を公表。一次予防での植込み型除細動器(ICD)新規植込み患者における自動車運転制限期間が従来の30日から7日に短縮されるなどの改訂が行われた。このワーキンググループは、日本不整脈心電学会、日本循環器学会、日本胸部外科学会によるもの。近年、ICDデバイスの診断・治療アルゴリズムの改善は著しく、日本独自の臨床デー...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞