m3.com トップ > 臨床ニュース > 精神神経疾患治療法開発でPPPs構築提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

精神神経疾患治療法開発でPPPs構築提言 「競争前連携フェーズ」に産学官連携体制を

2017年8月15日 日本学術会議  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患

日本学術会議臨床医学委員会・脳とこころ分科会はこのほど、精神・神経疾患領域における治療法開発のための産学官連携の在り方に関する提言を公表した。企業間の開発競争が起こる前に産学官が連携し、病因・病態機序解明、バイオリソースの充実とその利活用、バイオマーカー開発、臨床データ共有データベースを構築するなど、民間事業者の資金やノウハウも活用して官民で社会資本を整備し、公共サービスの充実を進めるPPPs(PublicPrivatePartnerships)システムの構築を提言している。提言によると、精神・...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞