m3.com トップ > 臨床ニュース > 東大病院とライザップが共同試験開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

東大病院とライザップが共同試験開始

2017年8月10日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

東京大学医学部附属病院22世紀医療センター肥満メタボリックケア(社会連携講座)は8月7日、東京大学とライザップ株式会社との共同で、「運動・栄養介入による胃がん周術期のサルコペニア予防効果に関するランダム化比較試験」を9月から開始すると発表した。今回の研究では、手術前後に筋肉トレーニングを中心とした運動とタンパク質の適切な摂取を行うことで、サルコペニアや術後の合併症を予防できるかの検証を目的としている。消化器がん手術では、サルコペニアが術後の合併症を増加させたり、化学療法の治療成績を低下させたりす...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞