m3.com トップ > 臨床ニュース > 多剤併用対策は「ヒエラルキー改革とコミュ改善」【時流◆多剤併用・減薬】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

多剤併用対策は「ヒエラルキー改革とコミュ改善」【時流◆多剤併用・減薬】 群星沖縄臨床研修センター長・徳田安春氏に聞く Vol. 2

2017年8月24日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患投薬に関わる問題

慢性疾患を複数抱えると、それだけ薬の数が多くなる。そこで発生するのが、薬が必要以上に多い状態、いわゆる多剤併用・多剤処方(ポリファーマシー)の問題だ。群星(むりぶし)沖縄臨床研修センター長の徳田安春氏は、医師は薬剤情報の入手先を製薬会社のMRから薬剤師に変えるべきと主張するが、そこには「ヒエラルキー」と「コミュニケーション不足」という問題が横たわっているという。(取材・まとめ:m3.com編集部・小島領平)多忙な時間帯に疑義照会、医師がイラッとくるのもやむなし――同じくポリファーマシーが問題にな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞